読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEB系男子。

ゲーム好き、ガジェット好き、WEB好き、集合。

使い心地抜群!「BeatsX」実際に使ってみての感想と評価/レビュー!

ガジェット 商品紹介

f:id:warukuchi:20170315194148j:plain

今回、紹介するのはBeats社とApple社の共同開発で生み出された「BeatsX」というワイヤレスイヤホンです。2月11日から3月15日現在、品薄が続いていてすぐに手に入れるのが大変困難な商品になります。

 

 

一週間前くらいから欲しかったのですが、家電量販店では販売はしておらずApple Storeかauショップでしか買えないため在庫がほとんどなく、手に入れることが難しいです。

 

ですが、au新宿店に「BeatsX」のブルーが在庫一点限りたまたまありまして手に入れることができたので早速レビューしていこうかなと思います。

 

 

 

やっとの思いで手に入れた「BeatsX」開封の儀!

f:id:warukuchi:20170315202830j:plain

 

こちらの画像はパッケージの裏面の画像になります。

各言語で同梱物の内容とイヤホン本体のイラストが記載されています。

 

f:id:warukuchi:20170315203051j:plain

 

こちらがパッケージの底面の画像になります。

製造番号と商標登録、その他もろもろが記載されています。日本語が全くなくてあまり読み取りことができないです。

 

さて、右上の矢印に従ってパッケージを開けていきましょう!

 

ドン!

 

f:id:warukuchi:20170315203544j:plain

 

同梱物

  • イヤホン本体
  • キャリングケース
  • ウイングチップ
  • イヤーピース
  • Lightning-USBケーブル
  • 取扱説明書
  • Apple Musicキャンペーンカード 
  • ステッカー

同梱物はこのような内容でした。

 

項目 概要
価格(税別) 14,800円
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、グレー、ブルー
発売日 2月11日(ホワイト、ブラック)
充電速度(充電時間/再生可能時間) 5分/約2時間
搭載チップ W1チップ
内蔵マイク あり
最長再生可能時間 約8時間
接続方法 ワイヤレス(Bluetooth)
形状 カナル型(密閉型)
操作 インラインリモコン
同梱物 ・イヤホン本体、
・イヤーチップ4セット(本体に初期で搭載しているのを含め)
・ウイングチップ2セット
・キャリングケース
・Lightning-USBケーブル
・取扱説明書

 

では、「BeatsX」の評価/レビュー!同時に購入に至った7つのポイントを紹介!

触り心地がいいシリコン製のキャリングケース!

f:id:warukuchi:20170315204129j:plain

 

「BeatsX」イヤホン本体をしまうシリコン製の柔らかいキャリングケースです。

しかし、正直な感想を申し上げますと、キャリングケース自体が小さくて非常にイヤホン本体が収納しにくくなっています。

 

収納することだけにストレスを感じるのは嫌なので、キャリングケースは使わない方向です。

 

カナル型(密閉型)の良好装着感にブラスアルファのウイングチップ!

f:id:warukuchi:20170315204829j:plain

 

カナル型(密閉型)のイヤホンは装着感が良いという意見が多数ある中、さらに装着感を増させるためにウィングチップが同梱されていました。

 

耳の堀に合わせてウィングチップをはめることによって更なる良さげな装着感を得ることができます!

 

しかし、イヤホンを耳から取る際にウイングチップがイヤホンから外れる可能性があり、私は怖くて付けていません。カナル型の装着感で十分です。

 

最高にクールな紛失の可能性を減らすマグネットが付いている!

f:id:warukuchi:20170315210301j:plain

 

イヤホンの左右を近づかせてみると「カチッ!」と左右の頭の部分がくっつき、ネックレスみたいになります。

 

よく満員電車の乗り降りとかで、イヤホンの頭の部分であったり、コードが絡んだりして厄介なシチュエーションの時があります。

 

その際の故障や紛失などを抑えれるのでこの機能は優秀ですね!

 

iPhone操作が要らない、RemoteTalkリモコンでなんでもできる!

f:id:warukuchi:20170315210627j:plain

 

このリモコン1つで、「音楽の再生・停止・次の曲へ・音量の調整」が出来るようになっています。

 

イヤホンにリモコンがあるかないかで利便性が全く違ってきます。リモコンのあるイヤホンを使ったことのない人はリモコン付きのイヤホンを買ってください。世界が変わります。

 

もう1つ紹介したいことがあり、このリモコンの真ん中のボタンを長押しすることによって「Siriが呼び出せる」ことが出来ます。

 

そしてこのリモコンにはマイクが内臓されていますので、Siriに色々な操作をiPhoneを使わずしてイヤホンのみで様々なこと出来るようになっています!本当に便利だと思います。

 

 電源をつけて驚いた10秒もかからない簡単な接続方法!

f:id:warukuchi:20170315212556j:plain

 

「BeatsX」の電源を付けると近くのiPhoneを探し始めます。見つけると近くのiPhoneの画面がこのようにわかりやすく接続の可否を求めてきます。

 

完了をタップすれば接続完了です。

これだけです。

 

すごくシンプルかつ無駄のない接続方法で簡単に接続することができます。Bluetoothのイヤホンをかなり前ですが買った時に接続に少し時間がかかるのが気になりました。

 

しかし「BeatsX」はそのようなユーザーのストレスをなくし、簡単な接続方法を生み出してくれました。

 

気になる「BeatsX」の音質は低音が心地よく高音が豊か!

f:id:warukuchi:20170315205604j:plain

 

二年前くらいにBeatsのイヤホンを購入したことがあるのですが、その時の印象は「重低音がものすごく心地いい」という印象でした。

 

しかし、今作の「BeatsX」イヤホンは重低音があまり響かないのがまず受けた第一印象です。これは低音の音質が悪くなったということではなくて、低音が前よりは抑えめになっていて、逆に高音の表現が豊かになったのではないかと思います。

 

数千円のイヤホンをつけている方は恐らく、「BeatsX」イヤホンをつけて音楽を聴いてみると世界が変わると思いますよ!

きっと音楽を聞くことが毎日の幸せになってしまいます。

早すぎる充電Fast Fuel機能、そして長い連続再生時間!それを可能にしたW1チップ!

f:id:warukuchi:20170315215223j:plain

 

ワイヤレスイヤホンの最大の難点は「バッテリーが少ない」ことです。

 

前に買ったワイヤレスイヤホンはもう3時間くらいしか使えなかった気がします、電源をOFFにし忘れただけでその日は電車で音楽を聞くことができません。最高にイヤホンに対してストレスが溜まっていました。

 

しかし、「BeatsX」は最長連続時間がなんと「8時間」です。

電源の切り忘れが起きなければ、1日は余裕で使える時間になります。

 

そして驚いたのが「充電スピード」です。

5分で2時間ですよ?20分で満タンになるんですよ?

 

これを可能にしたのはAppleで開発された「W1チップ」というものです。

詳しくは調べていませんが、簡単に言うと従来のイヤホンの性能を爆発的に上げるものです。

 

それにより、充電スピードをあげたり、最長連続時間を伸ばしたり、iPhoneとの相性をよくしたりすることが可能になるのです。

 

アップルの公式サイトによると「AirPodsのこのような驚きはすべて、専用に設計されたAppleのW1チップがもたらします。このチップは接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の良いワイヤレス接続を生み出します。さらにW1チップは非常に優れた方法でバッテリー駆動時間を管理するので、1回の充電で5時間聴き続けることができます。」

 

 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「BeatsX」というイヤホン界に革命をもたらしてくれた製品の紹介でした。

 

今、旬なガジェットな上にこれほど便利で高機能なイヤホンは今のところはありません。在庫切れがあるので購入は大変だと思いますが、それほどまでの価値がこの商品にはあるのでご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、「Air Pods」についての比較が知りたい人も多いみたいなのですが、本ブログでは「実際に使ってレビューをする」というのがモットーですので控えさせていただきます。